2015年9月19日土曜日

何を隠そう

私は山本太郎に投票しました。
山本太郎が議員になったあと、おいおい、と思うこともありましたが、この2日間で、山本太郎を議員にしてよかったと心から思います。
この2日間、民主党の福山議員はじめ、野党の議員の演説、全部聞いたわけではないですが、感動的な訴えであり、また、戦争法案に反対する人々の間からは、これは民主主義の新しい始まりだ、決して悲観していない、という声が大きく聞こえてきます。
しかし、強行採決にすらなっていない委員会の「採決」を認めてしまい、本会議で可決してしまう、その間、野党議員の牛歩を認めず、演説の時間も非常に短くしてしまう。横浜で行われた公聴会も完全無視。ここまで与党の独裁を見てしまうと、このあと、民主的な選挙自体がなくなってしまうのでは? という危惧さえ抱きます(かつて、ナチスは民主的な選挙で与党になったあと、独裁にしてしまった)。
そして、私が一番心配なのは、この法案は自衛隊を米軍の下請けにする法案であって、それによってアメリカは軍事予算を削減でき、日本の企業は武器の輸出ができるようになるというものだとしか思えない。
「戦争になるわけないのになぜ反対するのか」という声がありますが、私も日本とどこかの国で戦争にはならないと思っています。かつてのように、日本が外国を侵略することもないと思います。
長い間、日本が平和憲法を守っていられたのは、日本が昔のように外国を侵略するのではないかという危惧がアジアの国々にあって、それが歯止めになっていたと思うのですが、今は日本がアジアの国を攻めるとは思われていないので、アジアの国もこの法案について特に強く反対していないようです。
むしろ、日本は長い間、平和憲法のおかげで、日本人が戦争で死ぬことがなかった、そのことに対して外国が、特にアメリカが嫉妬しているのではないか、という気がしてなりません。
湾岸戦争のとき、日本は金だけ出して血を流さないと非難されましたが、あの頃から平和を守る日本に対する嫉妬が出てきていたと思うのです。
日本が他国を侵略するのではないかという危惧が、いつしか、日本だけ戦争に巻き込まれないのはずるい、みたいな感じになってきている、特にアメリカが、という感じがします。
私は以前から安倍首相のような人がなぜ首相でいられるのか不思議でした。安倍首相についてはけっこう批判が多かったのですが、なぜ安倍が首相でいられるのかと人に聞いてみると、「ほかに人がいないから」というような答えが返ってきます。野党がだめだめなのはしかたないとして、自民党にほかに人がいないのか?と不思議でした。
しかし、今、なぜ安倍首相が必要とされていたのかわかった気がします。安倍首相とその支持者たちは、アメリカに都合のいい日本がよい日本だと、おそらく本気で信じているのでしょう。
アメリカはアジアやラテンアメリカの発展途上国に自分に都合のいい政権を作ってきました。その政権は独裁政権であり、国民を弾圧し、その結果、マルクス主義の勢力が独裁政権に対してレジスタンスや、時にはテロも行っていました。
当時は東西冷戦の時代だったので、アメリカは共産主義の国を作らせまいとして独裁政権を支援していたのですが、今はまた別の理由で、アメリカが自分に都合のいい国を作っていくような気がします。
あの法案に反対する人々は必ずしも日米同盟に反対しているわけではないのですが、日米の関係がもっと対等にならなければ、日本はアメリカの傀儡政権によって支配され、日本は民主主義の国ではなくなる、ということも起こりうるのでしょう。

最後に。
ラテンアメリカの独裁政権をアメリカが支援しているというテーマを扱った映画の1つにオリヴァー・ストーンの「サルバドル」がありますが、「サルバドル」に主演したジェームズ・ウッズは、イタリアのダヴィアーニ兄弟の「グッドモーニング・バビロン」に出演する予定だったのが、ヨーロッパでのアメリカ人に対するテロが怖くて降板してしまった、ということがありました。
アメリカは中東でいろいろやってるので、アメリカ人はテロの標的にされやすいのですね。
自衛隊が米軍の下請けになると、日本人がテロの標的になると思います。
アメリカの下請けになる以上、アメリカとアメリカ人がこうむっている被害を日本と日本人がこれからこうむるのだということを、少しは考えた方がいいんじゃないでしょうか? おいそれと海外旅行にも行けなくなるし、国内でもテロもあるかもですよ。

2015年9月16日水曜日

「屍者の帝国」試写会

行ってきました、「屍者の帝国」アニメ映画の試写会。
公開が迫っているせいか、補助椅子を出すほどの盛況。
しかし、終わったあと、「わからない」という声が。
でしょうね。これ、原作読んだ人だけを対象にしている感じで、最後の部分なんか、原作知らない人にはさっぱりだと思います。
その一方で、原作もかなり変えていて、レット・バトラーなど、人物もかなり減らされてます(バトラーは出してほしくなかったので、出てこないのはよいのだが)。
ワトソンとフライデーのボーイズ・ラブ的アニメになってるのかな、と思いましたが、そこまではやってないので、消化不良だし。
死んだ親友フライデーをよみがえらせたい、というワトソンの欲望をメインにしているので(原作と違いすぎる)、結果、ケネス・ブラナーの「フランケンシュタイン」に近づいています。あの映画のクライマックス、死んだエリザベスをフランケンシュタインが女の怪物としてよみがえらせるシーン(原作にはもちろん、ない)。
ブラナーの「フランケンシュタイン」は最初から、死んだ愛する人をよみがえらせたいという感情が出ていて、この辺が原作と違ってましたが、こういう感情は観客に受けやすいので、映画ではよく使われます。でも、小説ではちょっと手垢がついてる感じがあるので、円城塔が完成させた「屍者の帝国」ではこうしたセンチメンタリズムは徹底的に排除されてます(そして、最後にだけ、ちょっと出てくるから効果的なんだが)。
というわけで、原作ファンのみを相手にしている映画ですが、原作ファンがこれで満足するとは到底思えないのです。

2015年9月15日火曜日

SEALDs奥田氏@戦争法案公聴会

フランク・キャプラの映画の一場面が日本の現実になるほどの民主主義の危機。
https://twitter.com/uvanaranja/status/643670049308344320

政治生命と国民の生命を比べないでほしい。
政治家が生きるために、国民の命を差し出さないでほしい。
彼らはこの法案が成立しないと、アメリカに殺されるとでもいうのか?

2015年9月10日木曜日

デレク・プラントのニュース続々

母校UMDのホッケー部のアシスタント・コーチをしていたときはそこのニュースしかなかったデレク・プラントですが、母校のチームをやめたあとは次々とニュースが。
先月書いた、シカゴ・ブラックホークスのディヴェロップメント・コーチ就任のニュースのあと、デレクはなんと、古巣バッファロー・セイバーズのOBのゴルフ・トーナメントに参加。元チームメイトのドナルド・オーデットと先輩のダニー・ゲアにはさまれた写真が出ていました。このトーナメントには実況アナのリック・ジャネレットも参加していました。
そして、今度は、バッファローで9月24日に行われる、NHLに来年ドラフトされる可能性のある有望なアメリカ人選手の試合で、ジェレミー・ローニックとともにヘッドコーチをつとめるのだそうです。
記事(英語)
http://www.allamericanprospectsgame.com/news_article/show/551617?referrer_id=641381
ローニックといえば、JRの愛称で親しまれた大人気選手でしたが、彼もシカゴにいたのだよね。
今はテレビの解説者をしているそうですが、セイバーズの掲示板でも、時々、ローニックがこういうことを言った、とか話題になっています。
そんなわけで、9月24日にはセイバーズの本拠地であるファースト・ナイアガラ・センターにデレクとローニックがやってくるというニュース。うらやましいなあ、バッファロー周辺の人たち。

2015年9月9日水曜日

「屍者の帝国」の試写

伊藤計劃原作の小説3作のアニメ化の話は知っていましたが、「虐殺器官」、「ハーモニー」、「屍者の帝国」の順で公開されると思っていたら、「屍者の帝国」の試写状がいきなり来たのでびっくり。
つか、この3作、どれも試写状来るとは思ってなかったので、なんで来たのか不明ですが、前の前の住所からまわりまわって来たようです。
10月2日公開とのことで、試写の回数も少なく、なんとか行ければ行きたいですが、果たしてどうなることか。
絵を見ると、ちょっと原作(伊藤計劃のアイデアを円城塔が完成させたもの)とイメージが違うような。
「フランケンシュタイン」の原作には言及してないので、原作小説とのタイアップはしないのね。それでよいと思いますが。つか、タイアップしだすとカラマーゾフとか風と共にとかいろいろあって、収拾がつかなくなりそう。

7月末に引越して以来、まず腰痛になり、それがなんとか治ったと思ったら、また腰痛になり、そしてついにぎっくり腰になってしまい、この夏は腰痛との戦いで、何もできませんでした。ぎっくり腰になると歯科の治療も中断、美容院にも行けなくて、髪はぼさぼさ。
しかも、今回の引越はいまだかつてないほどの大失敗だったので、すぐにも次を探したいのに、腰痛でそれも思うように行かず。それでもUR賃貸をネットで探して、見に行ったりもしていて、先日見てきたのに決めようかと思ってますが、ここも必ず大丈夫という自信はありません。ただ、今の部屋があまりにもひどいので、ここにいたら体調がどんどん悪くなるから、とりあえずの避難場所として住んでみようかな、と、そういう感じです。

試写も時々見させていただいてまして、非常によい作品、思いがけず気に入った作品もあるのですが、なかなかじっくり書く余裕がありません。いずれまとめて書きたいと思います。