2018年10月17日水曜日

ドトール対ベローチェ

こんな記事がありました。今年の8月。
http://news.livedoor.com/article/detail/15125374/
ドトールが3年連続カフェ1位だったのに対し、今年はベローチェが1位になったというニュース。
いろいろ分析されていて、まあそうだろうと思いつつ、私の意見もひとつ開陳させていただきます。

ドトールがコーヒー店を出店したのは1980年だそうで、確かに80年代前半から利用していました。
初めて入ったドトールがどこだったのか、今となっては記憶にないのですが、80年代前半からもうあちこちにあったように思います。
ベローチェの出店は1986年とのことで、初めて入ったのは神谷町店だと思いますが、なんと、今調べたら神谷町店はなくなっていた!
当時、神谷町には20世紀フォックスの試写室があり、そこへ行ったときに発見。入口にエプロンをかけたウェイターの絵と「150円でおいしい珈琲をお出ししています」の文字。
ドトールのコーヒーは当時180円だったから、30円も安かった。
以後、あちこちにベローチェを見るようになり、ドトールよりもベローチェに行くようになってしまいました。

当時の印象としては、ドトールとかベローチェとかいうのはおじさんの入る店でした。
特にベローチェはおじさん度が高かったと思います。
ふちねこ、かわいい、とか言ってる今とは雲泥の差ですが。
ドトールの店内の印象は昔も今もそう変わらない感じですが、ベローチェはかなり変わりました。
初めて入った神谷町店は今でもよく覚えているのですが、まず、店内が広い。椅子が高い。バースツールのような感じで、背の高いテーブル席とカウンター席がたくさんあり、内装は、今も古いままのベローチェはそうなんだけど、赤基調の古めかしい雰囲気というか。
ベローチェはとにかく席数の多い店が多く、いつ行っても確実に座れる利点がありました。特に神谷町店は広かった。が、最後に行ったときは面積が半分以下になっていたので驚いたけど、あのあと閉店してしまったのでしょう。

90年代以降、完全にベローチェ派になってしまうのですが、その理由は、
1 夏は冷房がよく効いている。
2 夜11時までやっている。
3 都心だと至近距離に何軒もあってハシゴ可能。
要するに、エアコンのない部屋に住んでいる私が真夏に涼みながら読書したり仕事したりできる環境を提供してくれたのがベローチェでした。
サラリーマンのおじさんが休憩する店、という雰囲気も、そうしたことをしやすい環境になっていました。
いつごろからか、ベローチェが内装をしだいにおしゃれに変えていって、椅子も低くなり、テーブル席主流になり、と変化していきましたが、上の3点セットは変わらなかったので、ベローチェがあまりない郊外に引っ越すまでは、本当にベローチェお世話になってました。
あ、もうひとつ、トイレが使用中かどうか、ランプで知らせてくれるのも便利。

上の3点セットについていうと、ドトールは冷房が効いていない店が時々あるので夏はあまり入りたくない。夜は9時までの店が多い(郊外に来たらもっと早いのでびっくり)。ドトールはハシゴする気になれない。全体に、ドトールは長居して何かするのに向いていない。

逆に言うと、ドトールはミラノサンドやケーキが目的、つまり、飲食を目的に行く感じです。
ベローチェだと、飲食ではなく、休憩や長居が目的。だからコーヒーとか、あまりおいしくなくても安ければいいのです。

とはいっても、ベローチェのコーヒーはサンマルクカフェのコーヒーに比べたら相当マシ。高いドリンクはどちらもおいしいのだけど、一番安いコーヒー、特に私がよく飲むアイスコーヒーは、サンマルクカフェはかなりまずいです。
サンマルクカフェは一時、大変人気があったけれど、最近はだめになってきたようですが、とにかくコーヒーがまずい。Sサイズがなくて高いMを買わせる店がある(量が多いだけでまずいのは同じ)。パンが焼き立てでないのがいつまでも置いてある。高いけどおいしかったパフェが安くなってしょぼくなり、もう食べる気がしない。店内狭くて混んでいて落ち着かない。
うーん、一時はよく利用したサンマルクカフェなんですが、残念なことになっています。

そんなわけで、ベローチェ、自分はこういう理由や目的で利用して満足だけど人にはすすめられない、という、上の記事にある結果は私にもよくわかります。
飲食という点ではドトールの勝ち、休憩や長居ではベローチェの勝ち。スタバ? 知らん。

上の記事ではベローチェのフードもほめてますが、私はベローチェはサンドイッチと菓子パン以外のフードはどうかなと思います。この2つは安くておいしいので断然推奨しますが、ホットドッグは正直、値段に比べて味はイマイチ。数十円高いドトールのミラノサンドに完全に負けてますし、一方、ドトールのホットドッグはベローチェより100円前後安いのです。パスタを扱っているベローチェは非常に少なく(1県に1店とか)、味はナポリタンしか食べてないので何とも言えませんが、プロントやイタリアン・トマトの方が上じゃないかと(どちらも普通のカフェではないですが)。

で、別の記事にあったのですが、ベローチェは2016年から人気急上昇しているのだそうで、この頃からベローチェが何をしていたかというと、2015年秋からのふちねこキャンペーン、そして、昨年からの夏のドリンク・サイズアップです。
ベローチェの人気、コスパの高さにこの2つが絶対に関係していると思うのですが。
夏は確実に冷房が効いているベローチェで、サイズアップのアイスコーヒーやアイスティーでねばる。まさに私の利用するベローチェの理想形なのです。
そして、ふちねこで散財。。。

2018年10月16日火曜日

偶然でも奇跡でもなく

11歳の日本人少年がオセロの世界選手権で優勝、36年ぶりに最年少記録を打ち立てた、というニュースがあり、そのあと、少年が帰国するときに乗った全日空機の機長が、実は36年前に15歳で優勝し、最年少記録を作った人だったという話がツイッターで話題になりました。
きっかけは、乗客が録音した機長のアナウンスをツイッターで紹介したことで、機長は機内にいる最年少チャンピオンを讃え、実は自分が36年前に、という話を出発前に乗客に伝えたのでした。
なんという偶然、奇跡、と話題騒然になり、録音をツイートした人のところには大手マスコミがDMでお話を伺いたいというツイートが殺到。それを読んだ別の人が「自分で取材しろ」とか少し怒って横からリプしていたのですが、それもそのはず、録音をツイートした人は11歳の最年少チャンピオンに準決勝で敗れた前チャンピオンだったのです。
そういう人にDMでお話を伺いたいとか、失礼きわまりないですね。まあ、ご本人は別に怒っていらっしゃらなかったですが。
そして、この人のツイートから、機長は昨年もオセロの日本代表の帰国便の機長であったことが判明。おそらく、毎年、この機長が帰国便を操縦していたと思われます。
なので、元最年少チャンピオンが機長だったのは偶然でもなんでもない、アナウンスもオセロの団体と全日空の了解の上で行われ、乗客に少年の快挙を知らせるとともに喜びを分かち合い、また、前チャンピオンは録音してそれをさらに多くの人に知らせ、喜びを分かち合えるようにしてくれた、というわけです。
録音は機内の録画になっていて、うちのパソコンではソフトがなくて見られないのですが、最初にこのツイートを見たときから、なんでこの人は機長がこういうアナウンスをするとわかっていたの?という疑問はありました。録画を見なくても、アナウンスがあるとわかって録画態勢に入っていたのは明らかだと思いました。
機長自身も、偶然はありえない、というようなことをツイートされていましたが、偶然でも奇跡でもなく、でも、むしろ、それは、オセロの関係者が心から喜んで少年を祝福し、さらに多くの人とその喜びを分かち合いたいと思ってしたことだということがとてもよくわかって、すごくいい話だと思いました。

というわけで、36年ぶりの最年少記録更新に対し、次の話題は元祖ミラノサンドA、20年ぶりに復活の話題です。
もう、9月からずっとふちねこ狙いでベローチェ通い、ドトールにはまったく行っていませんでしたが、9月に発売になったこの季節限定ミラノサンドが食べたいと、ずっと思っていたので、久々にドトールへ。
ハニーハム&チーズ。ハムの上にカマンベールチーズとチェダーチーズが載っています。

上は公式の写真ですが、こんなふうには出てきません。
そこで、リアルな写真を探したが、ドトール・ファンという方のサイトに実際に買った商品の写真が。
こっちの方がおいしそうに見えませんか?
 ドトール・ファンさんのサイトはhttps://doutor.fun/2018-aki-mirano/
今日行ったら、Cサンドもリニューアルされていて、でも、あまりおいしくなさそう、と思っていましたが、こちらもうまいそうです。
ハニーハム&チーズは上のサイトに書かれているとおり、とてもおいしかったです。

さて、かつてはドトールの顔であった定番メニュー、ミラノサンドA。
2008年のリニューアルで消えてから10年、ついに復活。
7月に復活して、1回食べに行き、やっぱりミラノサンドはこれでなければ!と確信したものの、その後ドトールにあまり行かず、食べていません。
ミラノサンドは1993年に発売開始されたそうですが、その後、BとCは何度もリニューアルしたものの、Aだけはかたくなにリニューアルせず、ビーフパストラミと生ハム、たっぷりレタスにマヨネーズでした。
が、それがついに2008年にリニューアル。パストラミではなくハム3種になり、正直、あまりおいしいと思えなかったので、Aサンドは食べなくなりました。
その後、2014年に一度、復刻。
そのときのニュースリリースhttps://www.doutor.co.jp/news/newsrelease/detail/20140616142757.html
下はネットからお借りしてきた当時の店頭のバナー。

しかし、値段が460円と、当時の他のミラノサンドと比べて割高感があり、あまり売れなかったのか、すぐに消えてしまいました。
それから4年、再び460円で再登場しました。
 やっぱりこれですよ、ドトールは。4年の間に他のミラノサンドの値段が上がっているので、今度は定着しそう?
でも、今回は元祖復活のようなことはまったく書いてないですね。昔のファンを呼ぶより、新製品として認知された方が有利と判断したのでしょう。

ところで、復活してほしいミラノサンドはこれ。
チキンと卵のミラノ。
 
 一度、復活したことがあったのですが、またやってほしい、また食べたい。
これやってたときはしょっちゅう食べてました。

というわけで、久々のドトール。ベローチェには悪いけど、コーヒーやフードやケーキはやっぱりドトールが上。ベローチェは三角サンドは安くておいしいけど、最近始めたホットドッグは値段のわりに満足度が低い(ドトールやモスバーガーのホットドッグの方が安くておいしい)。パスタも一部の店で始めていますが、ナポリタンしか食べていないけど、サイゼリヤの方が安くておいしい。それに、ナポリタン以外は夜行くと終わってるんですよ。店はベローチェの方が落ち着くし、夏は冷房がきいているのがいいので(ドトールは店によっては暑い)、愛用していますが、コーヒーやフードはやはりドトールですね。

2018年10月15日月曜日

選べるふちねこ最終日

9月から始まっているシャノアールやベローチェのふちねこハロウィン・キャンペーン。18時以降のドリンク3杯分のレシートでお好きなふちねこが選べる、のは、今日、10月15日まで。
最後の選べるふちねこ、もらってきましたよ!

小悪魔ジャンボ。

小悪魔ジャンボはすでに3匹持ってるだろ、と突っ込みを入れた方は過去記事を読まれてますね。
小悪魔は赤い羽根の開き方が3匹すべて違っていたので(広い、狭い、中間)、もう1匹見てみたかった。4匹目は開き方は中間ですが、左右対称に開いていないので、転がりやすい。やはり1匹ずつ羽根が違うのか?

ベローチェのツイッターに載っていた写真の真似をしてみました。ジャンボがほうきに乗っているので飛べないベビー。

ふちねこハロウィンも始まってから1か月半たち、在庫なしの店舗も出てきています。
選べるふちねこで小悪魔ジャンボを手に入れるには在庫が多い店をねらわねば、と、今日、出かけたのはふちねこ在庫状況で2000個以上あると書かれていた都内の某店。たまたま仕事先の近く。仕事が終わって出かけるとちょうど18時をすぎるという絶妙な立地。
しかし、この店、便利な場所にあっていつも混んでいるのに、なぜ在庫がこんなにあるのだろうと思いながら観察をしていると、確かにふちねこをもらう人が見当たらない。最近行った店はどこもふちねこをもらう人が次々と現れ、もらうために一度に2杯注文している人もいるというのに。
うーむ、やはり、ふちねこになど興味のないビジネスパーソンがパソコンをいじっている店だからだろうか?
と思っていたところ、レジの方からこんな会話が。
店員「ほうきは品切れなんです」
客「えーっ!!!」
しかし、選べる、ではない方の箱の中にはあるようで、店員が触って見つけて渡したようです(ほうきベビーは一番わかりやすい)。

2000個以上あるというのはやはり嘘だな、と思いました。
在庫状況は店の報告に頼っているので、あまり報告してないな、と思う店もけっこうあります。そういうところは減っていてもわからない。いきなり在庫なしになったりもする。
また、たくさんあるところは在庫がなくなったり少なくなったりした店に在庫を移動するので、そういうところは急に在庫が減ります。
そして、ある店で見てしまったふちねこ在庫の舞台裏(客席からよく見える舞台裏だった)。
ふちねこは種類ごとに大きな透明のポリ袋に入っているのですね。
そこから少しずつ箱に入れたり、選べるふちねこにしたりしているわけです。(ふちねこ自体は上の写真のオレンジ色の袋に入っています。)
だから、別の店が在庫なくなった、だから1袋移動させて、となった場合、1種類が全部移動してしまい、その店にはその種類の在庫がなくなる、というケースがあるでしょう。
ほうきベビーの在庫がなくなったのはそのせいかもしれません。(追記)
逆に言うと、よそから在庫を分けてもらった店には1種類しかないという事態にも。
私も小悪魔ジャンボは人気なので、ジャンボだけない、という事態がないように在庫の多いと思われる店に行ったのですが、その店でほうきベビーの在庫がない事態とは(箱の中にはあったとはいえ)。
まあ、明日からは箱の中から手探りだけになります。
1か月半、ベローチェばかり行っていたから、そろそろドトールとかほかのコーヒーショップに行きたいので、私はそろそろふちねこは終わりかな(実は18時より前のレシートが残ってるので、あと1匹か2匹はもらうかも)。

追記 いやいや、単純に、大きなポリ袋に入った在庫がすぐに出せる場所になかった、というだけかもしれない。つか、私のときも、最初は箱の中から小悪魔を選ぼうとして、わからなくて奥へ行ったので、手触りで完璧にわかるゴッドハンドの持ち主の店員に選んでもらったのかもしれない。
これまで行った他の店はすべて、箱とは別の場所から出してきていましたが、すばらしかったのは稲荷町店で、箱の中に仕切りを作って、そこに5種類分けて入っていて、手書きで「ほうき」とか「小悪魔ジャンボ」とか書いてあるのです。その手作り感がなんともいえない味わい。18時以降のドリンク3杯分のレシートを出すと、その箱を出して選ばせてくれるのでした。もう一度、選びたかったな、稲荷町店で。他の店はどうやって分けて置いてあったのかな、というのもちょっと気になります。

10月16日追記 昨日まで2000個も在庫があった数店舗、今日はすべて数百になってました。やはり更新していなかったようです。

2018年10月14日日曜日

川崎市市制記念花火大会

上野動物園の帰りに谷中に寄ったのですが、夜の霊園を通った時、遠くから花火のような、雷のような音が。今どき花火? それとも雷? でも空は半分くらい晴れている。
夜の谷中。
カメラの性能がいいので暗くてもフラッシュ使わずに撮れます。ぼけてますが。

さっき調べたら、川崎市市制記念花火大会を多摩川でやっていたのだそうな。
例年、8月に世田谷区の花火大会と同時開催していたけれど、昨年、落雷で被害が出たので、両大会ともに10月に変更されたのだとのこと。

川の両岸で2つの自治体が花火大会を同時開催、というのはあちこちでやっていますが、川崎市市制記念の花火大会が8月だった?

川崎市市制記念日は7月1日のはず。
なぜ知っているかというと、私は川崎市生まれで、10歳まで川崎市民だったけれど、毎年、7月1日に多摩川で花火大会があったからです(もしかしたら7月1日ではなかったかもしれないけれど、7月中であったことは確か)。
多摩川まで歩いていける距離だったので、よく行きました。当時は大田区の対岸で開催されていました。

それがなんで8月に?
まあ、7月ではまだ梅雨どきなんで、対岸の世田谷区と一緒に8月にやろうってことになったのかもしれません。

というわけで、谷中で聞いた音は川崎市と世田谷区の花火大会の音であったわけです(どっちかというと、世田谷区の方だったのだろうな)。
しかし、谷中で多摩川の花火大会の音が聞こえるとは。けっこう離れてます。
花火の写真じゃなくて谷中霊園の写真てのもなんですが、花火の写真はネットでどうぞ。

土曜日の上野動物園

9月初旬以来の上野動物園。
普通は土日祝日などは行かないのだけど、ちょっと行きたくなって。

とはいっても着いたのは午後4時少し前。
さすが土曜日で、パンダ観覧は80分待ち。手前右の方にパンダ舎があるのに、列は左奥へ行って折り返すようになっている。それでも午後4時まで並べたようです。私はもちろん、パス。

アメリカバイソンの赤ちゃん。前は薄い茶色だったのが親と同じ色に。角も生えてきた。

母親と一緒。なぜか色が薄く写っている。母親は出産のために千葉の動物園から上野に来たようなのだけど、子供が大きくなったら帰るのだろうか。

アシカとオットセイ。仲いいね。

座りこんでいるハシビロコウ。立っていないのはめずらしい。

フラミンゴのヒナも色が変わってきた。2羽います。

午後5時の閉園時間。が、パンダ観覧の列がまだある。

実は、土曜日に行った目的はこれ。

金曜日発売のシャンシャン・カレンダー。

裏側。まだポリ袋に入ったまま。

シャンシャンのカレンダーは書店などでも売られていますが、これは上野動物園限定。動物園ならではの写真や解説も。
毎年まるちゃんカレンダーを買っているので、迷ったのですが、シャンシャン・カレンダーは今年限りだろうと思い、購入(シャンシャンが来年6月頃に中国に帰るため)。
しかし、このカレンダー、1枚ずつ切り取るタイプなのですね。カレンダーのまま残しておけない。ということは、使わずにとっておくか、もう1部購入するかってことですか。商売うまいな。
私の目の前で4部買っていった人がいましたが、1人10部までとなっています。品切れになったときにヤフオクで高く売るつもりの人がいるのだろう。まあ、当分品切れにはならないと思いますが。

帰りにベローチェに行ったら、コーヒーフロートを1人で2杯も買って飲んでいた青年がいてびっくり。ふちねこもらっていたので、もう1杯分のレシートを持っていたのでしょう。
あの罪深い企画のせいで、一度にコーヒー3杯飲んでふちねこもらう人がいるようです。コーヒーゼリーとドリンクとかにすればいいのに(コーヒーゼリーもOK).
しかし、最初のふちねこのときからそうだったのだけど、某県は他に比べてふちねこの在庫が減るのが異常に早い。そのせいか、レシートを渡さないようにしてるみたいな店があるのですね。このベローチェもレシートなかなか出してくれなくて、私が去らないのでやっと出してくれました。
某県が全滅しても都内や他県はまだまだあるので、某県でレシートもらってよそへ行けばいいのだ(3杯目をよそで飲む)。