2018年2月17日土曜日

「グレイテスト・ショーマン」

有名なリングリングサーカスの前身となるサーカスを作ったP・T・バーナムを主人公としたミュージカル。リングリングサーカスになったのはバーナムの死後のようだ。
このリングリングサーカス、昨年、146年の歴史に幕を閉じた。理由は象のショーをやめたら客が激減したからだそうで、現在では動物のショーは動物愛護団体から批判が多く、アメリカではもはやできないようだ。
かつてはサーカスというと、アメリカのリングリングサーカス、ソ連のボリショイサーカスだったが、今はカナダのモントリオール発祥のシルク・ド・ソレイユ。ボリショイは時々日本に来るが、日本の木下大サーカスよりもしょぼい感じで(少なくとも日本公演では)、かつての世界の2大サーカスも今や見る影もない? ボリショイも木下大サーカスも動物のショーをやっているが、今後はシルク・ド・ソレイユなどの人間だけのショーがサーカスの主流になるのだろう。

「グレイテスト・ショーマン」には「地上最大のショー」というせりふが何度も出てくるが、これはバーナムが使った言葉だそうだ。「地上最大のショウ」といえば、セシル・B・デミル監督の有名なサーカス映画がある。

「グレイテスト・ショーマン」はミュージカルであると同時にサーカス映画でもあるのだが、今では批判の対象になるフリークショーを肯定的に描いているのが珍しいというか、けっこうリスキーな企画だったのではないかと思う。
現代ではフリークショーは障碍者や異形の人を見世物にするということで否定的に描かれる(例「エレファント・マン」)。だが、この映画では、人前に出ることができず、隠されていた異形の人々がサーカスで仕事を得て生き生きとする、というふうに描かれている。当時としてはそれでよかったのだろうが、本物のバーナムは黒人奴隷を買って見世物にしたようだし、また、日本のアイヌの人々が見世物として出品されたことがあることを考えると、いくら今とは時代が違うといってもどうなのかなという感じはある。確かに芸人の仕事を得てよかった人たちもたくさんいたのも事実のようなのだが(「エレファント・マン」の主人公メリックも、実際は芸人として活躍し、本人もそれを喜んでいたらしい)。

映画ではバーナムは貧しい生まれで、裕福な上流階級の令嬢と恋に落ち結婚、異形の人々でサーカスを始めて成功する(映画だから史実とは違うところも多いだろう)。しかし、バーナムは上流階級にも認められたいという欲望があり、そのため、上流階級相手の劇を書いている作家を引き入れ、ヨーロッパの一流歌手のアメリカ公演を行う。その過程で仲間である異形の人々や黒人の芸人たちを見捨てるような態度をとるようになってしまう。
このあたりの上流階級(アメリカの場合、上流階級というのは貴族でなく、北東部の家柄のよい裕福な人々)と大衆の対比、上流階級の好む芸術と大衆の好むエンターテインメントの対比は紋切型とはいえ物語の王道。ただ、気になるのは、バーナムのサーカスを愛する大衆もいれば憎む大衆もいるように描かれているのだけれど、大衆の中にそういう分断があるということが描写不足で惜しい。彼のサーカスを憎む大衆が露骨に異形の人々を差別したり、建物に火をつけたりするのだが、サーカスを愛する大衆と憎む大衆の違いは何かということが置き去りにされている。
たとえば、「エレファント・マン」では、メリックを露骨に差別し虐待するのは貧しい人々だった。一方、上流中産階級の人々には偽善的な人と良心的な人の両方がいた。「グレイテスト・ショーマン」は逆に貧しい大衆の方に2種類の人間がいるような描き方をしているのだが、「エレファント・マン」に比べてまったくうまくいっていない。ミュージカルだからどうでもいいじゃないか、というのなら、なぜそういう大衆の分断を脚本に入れたのか、という疑問がわく。志は高かったけれどうまくいかなかったということだろうか。

主演のヒュー・ジャックマンは「レ・ミゼラブル」で歌唱力は証明済みで、この映画でも歌って踊ってはじけている。他の出演者も歌や踊りがみごとで、はじける歌と踊りのショーが満載。ミュージカルにはいろいろなルーツがあって、オペラ、オペレッタ、ショー、レビュー、バレエ、ボードヴィルなどがあげられるが、このミュージカルはショーやレビューの流れをひくものだ。ショーやレビューではストーリーはあまり重要ではないし、歌と踊りでつなげていけばいいのだ。その辺が人間描写を歌でするようなオペラ系のミュージカルとは違う。この映画はレビューとして見れば、歌と踊りの見応えのあるシーンが多く、満足できるものだ。

2018年2月15日木曜日

にゃっぽり

駅にこんなものができていました。

駅近くの郵便局へ行くと、上野動物園のシャンシャンの切手シートが。
思わず、「シャンシャンの切手ください」と言うと、窓口の人が、「62円切手10枚で1500円ですが、よろしいですか?」
えええ、切手代の2.5倍じゃん、ぼったくり、と思ったのですが、「やめます」とも言えず、購入。


が、裏を見たらクリアファイルつき。(クリアファイルを外に出して撮影。)

右はクリアファイルの裏です。

このサイズのクリアファイルは欲しかったのですが、使えませんよねえ。この切手、いつ出たんだろう。1500円じゃ、マニアしか買わないかも。

追記 この切手、去年の12月に発売され、1月下旬に増刷されたのだそうです。私が買ったのは増刷分だったのか。都内の郵便局でしか売られてなく、郵便局のネット通販受付も終了していますが、都内の郵便局ならまだ余ってそう?

紅梅白梅

梅が咲き始めた。


ノスリ。野鳥観察センターの望遠鏡ではよく見えたが、うちのカメラではこれが限界。ピント合わせの光のせいでカメラ目線。

カワセミ。ノスリははるか遠方の木だが、これはセンターの窓のすぐそば。

別の木の枝に飛び移る。光が足りないので、近くてもなかなかうまく撮れない。

このあとベローチェに寄って、ふちねこ3種類目をゲット。袋を3つか4つ触って、小さいのが入っているのがあったので、ベビーだと思い、それをもらう。まだまだ在庫はあるので、箱の中にはそこそこいろんな種類がありそう。ジャンボは最初の店ではたくさんあったのに、その後は触っていない。

今のパソコンはすでに6年目に入っているWindows7で、8が出る直前に買ったのだけど、さすがに動作が遅い、時々固まる。なんとなく10はいやだなあと思っていたけど、もうほんとに10を買わないといけないかもしれない。
2年半前に買ったWindows8.1のタブレット、Surface3が今年に入って充電器をつけても充電できない、できたと思ったら使ってないのに2日でバッテリー容量不足で起動しない。新しいバッテリーに取り換えようとネットで調べたら、Surfaceは修理やバッテリー交換で画面が必ず壊れる仕様だそうで、こりゃもうSurfaceはだめだ、解約しよう、と思ったら、今度は接続できない事態が発生。これは買ったばかりの頃に発生したのと同じで、サポートに電話すれば解決するのだが、もう解約するからいいや、て感じになっている。
パソコンなら通信できなくても使えるのに、これは通信できないとあまり使い道ないみたいだ。機械代は10万円くらいだけど、あまり使っていないし、損な買い物だったなあと思う。

2018年2月11日日曜日

ふちねこ2018


去年に続いて今年もシャノアールのふちねこキャンペーンが始まりました。
去年はしばらくベローチェに行ってなかったので、気づいたのが1か月近くたったあと。結局3匹(3種類)しかゲットできず。その前の2015年秋のときは各種類を2匹ずつ以上、合計12匹ゲットしていたので、がっくり。
が、今年は開始の2月1日にたまたまベローチェに行ったおかげで、すでに3匹(2種類)ゲットしています。
今年の5種類はこれ。


今年は猫に名前がついている。





で、一番欲しかったのはお腹なめだったのですが、最初にもらいに行った店の箱にはやたらとジャンボがいっぱい(袋に入っていて中は見えないが、ジャンボは大きいのですぐわかる)。それでジャンボより小さいのを選んだらイカ耳でした。
2回目は、店員さんが箱の中を見せてくれたのですが、数が少なく、1つだけ、袋がしわしわのがあったのです。なんだろうと思い、つかんで見ると、これはお腹なめだ!とすぐわかったので、それをゲット。お腹なめも触るとわかりやすいし、しわしわってことは、店員さんによるこれが欲しい人への沈黙のメッセージだったのかも。
3回目は今日もらってきましたが、箱の中を触ってみたらどうもイカ耳ばかり? 何個目かに触ったらお腹なめだったので、これは2つあってもいいと思ってもらってきました。
まだまだ始まったばかりで在庫はかなりありそう。2匹持って行くと希望の猫1匹と交換してくれるそうなので、早めに集めて5種類ゲットしたいところです。
店によってジャンボばかりとかイカ耳ばかりとか、そういう偏りがあるのだろうか? あと、お腹なめも意外に多いのかな。今回は5種類ともみんな好きです。以前のだとはっきりはずれみたいなのがあったのだけど、今回はどれも当たり感があります。
2015年はシャノアール50周年だったので5万個、2017年はベローチェ30周年だったので3万個で、2015年は3か月くらい在庫があったのに2017年は1か月半くらいでほとんどなくなってしまった気がします。今回はいくつなのか書いてないのですが、3月31日までになっているので去年と同じ3万個かもしれません。

2018年2月10日土曜日

下町ボブスレーとクソ食らえのVサイン

ジャマイカに蹴られた下町ボブスレーの醜態が話題になっている。
数年前から下町ボブスレーの公式ツイッターが他国をバカにしたツイートや保守速報のツイートをしていたことも指摘されている。
おまけにツイッターである人が「大田区は下町じゃない。だいたい下町はよその人に対して冷たい」とかツイートしていて、下町のイメージを下落させた罪も重い。(このツイッターの人は大学の非常勤講師らしいが、けっこう間違ったことをツイートしていて、あまり知識や教養がないのか偏ってるのかだろう。)
以下の記事にあるように、下町ボブスレーは国や大企業がかかわっていて、全然下町じゃない。下町はむしろ利用された感さえある。
また、大田区は田園調布しか思いつかない人もいるかもしれないが、大森蒲田のあたりは完全な下町。昨年蒲田宝塚に「君の名は。」を見に行ったときは映画館の場所がわからず、商店街で聞いたら、ほんとに親切に教えてくれた。映画館のスタッフのおばあちゃんたちも雰囲気がよく、下町は決してよそものに冷たくない。

で、以下が下町ボブスレーの実態を伝える記事。
http://buzzap.jp/news/20180208-shitamachi-bobsleigh/

さて、上の記事にある道徳の教科書の写真、ボブスレーに乗ってVサインする安倍首相ですが、このVサイン(よく見えない場合はクリックすると産経新聞のこの記事にアクセスするので、そこでさらに写真をクリックして拡大するとよくわかる)、実は、映画「ウィンストン・チャーチル」でチャーチルがやって庶民に笑われたVサイン。
Vサインについては、ウィキペディアにこういう解説がある。

「第二次世界大戦中の連合軍側の陣営においては、「勝利 (victory)」を意味する「V」の字を象った仕草として広く用いられた。イギリスや、それと文化的なつながりの深い地域の人々の間では、手のひらを自分の方に向ける形でこのサインを示し、相手への敵対、挑発のジェスチャーとする。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/V%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3

つまり、手のひらを相手に向けるのが正しい用法で、自分の方に手のひらを向けると「クソ食らえ」という意味になる(と映画で解説されていた)。

で、その道徳の教科書の安倍首相のVサインは手のひらを自分に向けている。
まわりにいるのは敵ではないので、味方に対して「クソ食らえ」とやっちゃっているのだよね。
下町ボブスレーの顛末を象徴する写真になってしまったというお話。

追記 映画の試写を見た人はすぐに気づいたようで、ツイッターで書いている人がいました。字幕では「クソッタレ」じゃなくて「クソ食らえ」でしたね。訂正。