2017年11月19日日曜日

プラネタリウム

来年2月に閉館する有楽町マリオンの日劇3館のあとにプラネタリウムができると知って、渋谷の東急文化会館にあった五島プラネタリウムをなつかしく思い出した。
通ったのは小学生のときだけれど、大人になってからも1回くらい行ったような気がする。
東急文化会館が取り壊され、プラネタリウムもなくなってしまった。
今は池袋のサンシャインに立派なプラネタリウムがあるようだ。

さて、このところ続いている某市シリーズ。
戸定邸、ラーメンサミット、富田食堂に続いて、今度は市民会館のプラネタリウムに行ってきた。
常磐線の電車の窓から見えるので前から行きたかったが、土日祝日しかやってなくて、その日になると忘れてる状態。
が、先日富田食堂へ行ったら、市民会館すぐそばだったので、今度は憶えていた。
常磐線からよく見えるプラネタリウムの丸いドームだけれど、市民会館の正面からはドームが見えない。これは反対側の住宅地から見たドーム。

入場料は50円と激安。2回見るとカレンダーなどがもらえる。
定員80名だが、10人くらいしかお客さんがいない。しかも子供と高齢者ばかり。中学生以下と65歳以上は無料なんだが、ひょっとして、お金払ったの私だけ?

ここは地元出身の宇宙飛行士・山崎直子さんにちなんで、ナオコ・スペース・プラネタリウムという愛称がついている。正式名は市民会館プラネタリウム室。
下が山崎さんの写真とコメントがついたパンフレット、その下がチケットの裏。スタンプがきれいに押されている。そして右が帰りにもらえる星座早見盤。青い紙と、その下の白い紙を自分で切って折り曲げて作る。これだけで材料費50円くらいしないか? 全然赤字じゃん。でもがんばって続けてください。

プラネタリウムはさすがに五島プラネタリウムに比べたら全然しょぼいけれど、こじんまりとして楽しめる。今夜見られる星々の話、星座の話、そして来月のふたご座流星群の話があった。流星は彗星と関連していること、巨大な隕石の落ちる映像や昔隕石が落ちたあとのクレーターの写真なども上映された。「君の名は。」を思い出しながら見るとまた感慨深い。

帰りに戸定邸にちょっと立ち寄ると、紅葉の季節になっていた。
デジカメ壊れて携帯写真なので写りはあまりよくないけれど、中央奥の木は柿の木で、実がたくさんなっていた。

来年は隣の区に4Kのプラネタリウムができるらしい。入場料も500円くらいとられそう。
有楽町マリオンのプラネタリウムはどのくらいの規模なのだろうか。

2017年11月17日金曜日

「ラーメンヘッズ」試写&富田食堂

前の記事で紹介した映画「ラーメンヘッズ」の試写に行ってきました。
チラシとプレスシート。


4年連続首都圏のラーメンの大賞に輝いた「とみ田」の富田治氏に密着取材しながら、他のラーメン店も紹介、またラーメンの歴史も簡単に紹介されています。
全体としては、なんか、「プロジェクトX」みたいで、あまり新しさは感じませんが、松戸の景色がけっこう見覚えがあって親しみはわきます。
でも、常磐線とスカイツリーが映ってるシーン、明らかにスカイツリーが大きすぎるから合成じゃないのかなあ。
これは先日、戸定邸へ行った帰り、常磐線の線路の上を通る陸橋のそばから写したスカイツリー。ズームしてます。

映画には松戸神社も登場。同じく戸定邸の帰りで、薄暗いのでぼけてしまった。

映画を見た後、「とみ田」の店だけでも見てみるか、と松戸駅の近くをうろうろしたのですが、見つからず。あとから実は9月から改装のため休業中と判明。
かわりに見つけたのが「とみ田」直営の「富田食堂」。
食券を買ってから食べられるまで4時間という「とみ田」と違い、こちらは並ばなくても入れます。深夜まで営業。「とみ田」は富田氏が直接作っているけど、こちらはレシピに従って弟子の人たちが作っている模様。写真は前に車が停まっていて撮れなかったので、食べログから借りてきました。
店内には「ラーメンヘッズ」のポスターが貼ってあります。

ここはつけ麺よりも普通のラーメンが売りみたいですが、やはりつけ麺を。映画の中のチャーシューがものすごくうまそうだったので、チャーシューつけ麺、1150円にしてみました。基本のつけ麺は850円。

チャーシューすげえ。下の麺がものすごく食べごたえがあって、4時間たった今もげっぷが。明日の体重が心配だ。チャーシューはうーん、期待したほどでは。

つけ汁。映画で何を順番に入れるか見ていたので、興味深かった。

味は、うーん、私は家でカップラーメンしか食べない人なので、ラーメンのお味はよくわからないです。そこそこおいしかったけれど、ものすごくおいしい、という感じでもなかった。
器は「とみ田」のものとは違っています(チラシ参照)。麺が入ってる方は、全部食べると底に「松戸」の文字が。
次は普通のラーメン食べてみるかな。
「ラーメンヘッズ」見たあと、「とみ田」は無理でも「富田食堂」でつけ麺食べるのはそれなりにぜいたくな気がします。柏のキネ旬シアターで上映すべきだと思う。

2017年11月14日火曜日

「ラーメンヘッズ」

買い物をして帰ってきたら、「ラーメンヘッズ」というドキュメンタリー映画の試写状が届いていました。下はネットで見つけたポスター。

このつけ麺を差し出しているおじさんが日本一のラーメン屋「中華蕎麦 とみ田」の主人・富田治氏なのだそうです。
えええ、「とみ田」って、この前のラーメンサミットに出てたあの店。

地元の人気ラーメン店で、店に行っても食べられない、だからこのラーメンサミットに来た、と書いているブログもあったくらいの人気らしいのですが、日本一だったのか、知らなかった。
なにせ、私はラーメンといえばカップラーメンしかほとんど食べたことがない。外でラーメンとか、ほとんど経験なし。
映画ではこの「とみ田」を密着取材しているようですが、この「とみ田」の十周年記念イベントのために作ったという、「とみ田」と「飯田商店」と「蔦」の合作ラーメンも、実はラーメンサミットに出ていたのです。これだわ。「とみ田」と「飯田商店」ののぼりがありますが、右端の赤い丸が「蔦」のロゴの一部。

なんてことだ、バッファローチキンなんか食べてる場合じゃなかったんだわ。
まあ、来年もやると思いますけど。

映画「ラーメンヘッズ」は試写の回数が少ないので行けるかどうかわかりませんが、公開は来年1月27日とのことです。

追記
ラーメンサミットは「とみ田」の富田治氏の主催するイベントとのことです。
映画は世界の映画祭で上映されていて、近くの公園のイベントと世界の映画祭がつながってるのかと思うとちょっとびっくり。

来年の準備

まるちゃんカレンダーと、ダイソーの白いカレンダーと、キャンドゥの手帳を買って、来年の準備完了。
まるちゃんカレンダーは今回で3年目。
2016年のカレンダーは前年に近くのスーパーに入荷したときから買おうかどうか迷っていましたが、年内には1つも売れず。年が明けて2割引きになり、それでも迷っていたら、4つあったのが残り1つになったのでついに購入。もともとこのスーパーでは定価より安い値段で売っているのにさらに安くなるという幸運。
2017年のカレンダーは2016年の秋から同じスーパーに置いてありましたが、また年が明けて割引になるかなあ、と思っていたら、今度は12月に入ったらどんどん売れ、最後の1つをゲット。
そしてこの2018年のカレンダー。9月末にはもう店頭に出ていました。毎年4つ入荷するのだけど、今度はすぐに1つ売れ、今年は早いな、と思って時々見に行っていましたが、その後は動かず。が、11月に入ってあっという間に残り1つになり、あわててゲット。
うーむ、来年は入荷したらすぐに買った方がよさそう。なんといっても定価の1割引き以上なのだ。

ダイソーの白いカレンダーはB5サイズで、予定を書き込めるもの。壁にたてかけてあり、書き込むのはほとんど映画鑑賞の予定。今年初めて使って気に入ったので、来年も同じものを。
手帳も見開きで1か月のカレンダーになっていて、そこに予定が書きこめるものを毎年買っていますが、今年のものはダイソー。でも、来年のはキャンドゥにあった表紙が星空で、下にスカイツリーや世界の名所が描かれているものにしましたが、今よく見たらビニールが汚れている。むむむ。
今年のダイソーのものの方が使いやすそうなのですが、同じタイプのものが見つからない。

年賀状は喪中なので出しません。が、喪中といっても絶縁状態の人だったので、喪中はがきを出す気になれず、年が明けてから寒中見舞いを出すことにしています。相続放棄も無事受理され、依頼した法律事務所にも費用を振り込んで、ようやく片が付きました。

2017年11月12日日曜日

船堀映画祭で「ルドルフとイッパイアッテナ」と「君の名は。」

江戸川区の船堀で土日に行われた船堀映画祭。日曜の「ルドルフとイッパイアッテナ」と「君の名は。」に行ってきた。
手作りの映画祭という感じで、上映作品も昨年の話題のアニメから昔の大衆娯楽映画、ドキュメンタリー、無声映画、自主映画と、意欲的なラインナップ。特に昔の「君の名は」総集編とアニメの「君の名は。」はそれぞれ2回とも前売り完売の盛況。
ロビーでもいろいろな展示を行っていた。



無造作に置いてあるけど、よく盗まれないな、いい人ばかりなんだなあ、と感心。売店の横とはいえ。

上映作品の一部。



「ルドルフとイッパイアッテナ」聖地巡礼の展示。岐阜市のパンフレットも置いてあった。






映画が終わったあと、展望台へ。前売券を買いに行ったときは昼間で曇りだったけれど、今回は夜景。が、うまく写真が撮れなかった。わりとマシな2枚。東京タワーはぼけるし、目の前のスカイツリーはなぜか灯りがほとんど消えていて、とてもアップできない。

これは葛西臨海公園の観覧車。

さて、1年以上ぶり10回目の「ルドルフとイッパイアッテナ」、先日上野で2回見たばかりの30回目の「君の名は。」。どっちもすぐそばの親子連れがかなり迷惑だった。
映画館でこれほど迷惑な客って、そうそう出会うものじゃないのに、2回ともそういう客がすぐ隣とかすぐ後ろとか、よっぽど運がないのか、客層が悪いのか。
「ルドルフ~」の方は客のおしゃべりもあちこちから聞こえていて、自宅でテレビを見るのと同じ人たち、映画館にめったに行かない人たちなのだろうと思った。
映画泥棒も予告編もなくいきなり本編が始まるのは映画祭ならではだけど、客層が高齢者多数、あとはアニメのせいか小さい子供を連れたファミリーが多かった。「君の名は。」大多数の客は静かに集中して見ていたけど、すぐ後ろはほんとにひどかったなあ。
でもまあ、近所の家から普段着で歩いてきたみたいな客ばかりで、それがこの映画祭のクオリティならしょうがないか、と思った。
昔の「君の名は」や「若大将」、「ひばり・チエミ」なんかは高齢者中心で、静かに見られたのかもしれない。「君の名は」総集編はあとになって見たいと思い始めたけど、その頃には前売完売していた。
お客さん以外でちょっと、と思ったのは、「ルドルフとイッパイアッテナ」の原作者・斉藤洋氏が最初にトークを行ったのだけど、何も考えずにやってきて思いついたことを話しているのが明らかで、ちょっとがっかりだった。前に一応演壇ができていたのに、客席の前や通路をうろうろしながら話すという、大学の講義みたいなやり方で、亜細亜大教授の授業そのまんまなのかなあと思った。でも、映画が終わったあとまで残ってサイン会をしていたので、ファンを大切にする人なのだろう。もうちょっと実のあるトークを期待していたんだけどね。
そして、一番困ったのが、「ルドルフとイッパイアッテナ」の応援団ができていて、その人たちが最前列に座って、上映中に拍手したり大声で叫んだりするのだ。これって、そういう上映会だったの?
まあ、この人たちのおかげで上映されたわけだし、そうでなければもう二度と映画館では見られないと思っていたのだから、このくらいはしかたないんだろうけど。
というわけで、2本とも、これまで見たときのような気分で見れなかったが、早い時点でここはそういう映画祭なんだと悟ってあきらめがついたからイライラせずにすんだ。「君の名は。」はまたどこかで見られるだろうし、「ルドルフ~」はこの応援団がまた来年もここで上映するのかもしれない。
でも、普通のお客さんのために、これは応援上映です、とか告知してほしいと思う。

さて、「君の名は。」30回目にして初めて気づいたこと。
瀧が三葉に電話するシーンは信濃町歩道橋だが、電話がつながらずに切るシーンは六本木ヒルズの歩道橋だった。その前に奥寺と別れるシーンはヒルズ歩道橋なので、なんでそこだけ信濃町歩道橋になるのか不明。信濃町歩道橋はそのあと、三葉がそこで瀧に電話しようとしてつながらず、さらにラスト近くで瀧と奥寺のシーンとして出てくる。だから瀧のシーンでまず信濃町歩道橋が出てこないといけないわけだけど、電話を切るシーンでヒルズ歩道橋になってしまったのはミスだろうか。あるいは意図的にそうしたのか?
「君の名は。」にはこういう辻褄の合わないシーンがいくつかあって、ミスの場合と、意図的にそうした場合の両方がある。

追記
斉藤洋氏のトークで興味深かったのは、父親の話。
イッパイアッテナとルドルフの関係が父と息子のようであり、イッパイアッテナは理想の父親、というのは最初に見たときから気づいていたが、斉藤氏の父親は道楽者で非常に困った人だったという。斉藤氏は23歳のときに父親から勘当されて家を出たのだが、あんな道楽者に勘当されるなんて自分はまじめだったのだ、と言っていた。そんなことから理想の父親像をイッパイアッテナに託したようだ。
一方、「君の名は。」の新海誠監督も若い頃に、家業の建設会社を継がずにアニメ作家になるというので父親に勘当されたというような話をどこかで読んだ記憶がある。新海監督の父親は昔ふうのガンコ親父だそうで、三葉の父やテッシーの父のモデルだろう。
タイプは違うだろうが、どちらも息子から見たら困った父親。斉藤氏は30代で父親とは逆の理想の父親像を描き、新海監督は40代で父親をモデルにした父とその娘の話を作ったわけだな、と思うと、いろいろ興味深い。斉藤氏が父と息子なのに対し、新海監督は父と娘にしたことも。